ゲームの女性キャラクター

 小学生の頃、周りの同級生たちは異性のことに対して敏感だったように思う。異性に少し優しくしただけで「あいつのこと好きなんじゃないの?」とかね。で、言われた方は「は?好きじゃないし!」と、やたらムキになって否定していたのもあのぐらいの年頃にはよくあったものだ。

  小学生の時は異性に関して些細なことでもひやかされたりした。それは現実にとどまらずゲームにもよくあった。女性のキャラクターを選ぶと「おい!こいつ女のキャラ選んだぞ!」みたいに言う人がいたのだ。そのキャラクターが使いやすいとか、相性がいいんだとか、使う理由を説明しても「女性のキャラクターを選んだ」というだけで、なぜか茶化される。ハッキリとした理由はわからないが、男性はゲームで女性のプレイヤーを使うのがいけないことのような風潮が当時あった。私も小学生ながらそういう空気は感じ取り、友達とゲームするときは男性のキャラクターばかり使っていた。他にも当時スーパープリンセスピーチというゲームが欲しかったんだけど…

f:id:df0518:20170705195659j:image

こんなに女性が大きくパッケージに写ってるゲームを買おうものなら槍玉に挙げられるに違いないと買うのを我慢したこともあったり。友達とゲームをするのは確かに楽しかったが、女性のキャラクターを使いたいのに使えない息苦しさみたいなのはあった。

  時は流れ、小学校の頃と現在とで比較して、「お金に余裕ができたのでゲームが買いやすくなった」なんていう変化の他に「女性のキャラクターを使ってもなにも言われなくなった」というのがある。10数年の時が経ち、周りの人たちも考え方が変わったのか、ゲームをして女性のキャラクターを使っても、それを茶化すものはもう誰もいない。女性キャラクターを使ってもなにも言われない今は、当時よりも自由にゲームができているのではないかと思う。年を重ねるのもいいものだ。